カタール航空は、どのような障がい者向けサービスを提供していますか。

Follow

カタール航空は、特別なサポートが必要なお客様のニーズに対応できるよう、常に努めております。

適切な対応をご提供できるよう、ご予約時およびフライトの 48 時間前までに、必要となるサポートについてカタール航空にご連絡いただきますようお願いしております。

カタール航空が提供する特別サポートに関する一部のガイドラインを、以下に説明いたします。特殊なご質問がございます場合は、お取引の旅行代理店にお問い合わせいただくか、お近くのカタール航空予約センターにお問い合わせください。

空港における移動サポート

カタール航空は、空港館内でのお客様の移動をお手伝いするために、移動サポート サービスを提供しております。ご予約時ならびにフライトの 48 時間前までに、必要なサポートについてご連絡ください。

機内の設備

カタール航空の航空機には、通常、次の機内設備が備わっています。

•             移動が困難なお客様の腰掛け動作を支援する可動式/昇降式アームレスト付きの座席。お客様の要件にかなう座席の割り当てに努めますが、安全性を考慮し、非常口の座席を割り当てることはできません。

•             ほとんどの機内の化粧室にはハンドレールなどの設備が取り付けられています。

•        広胴機(エアバス A330/340 およびボーイング 777)には、機内専用の特殊車椅子が備わっています。狭胴機ではご利用いただけません。広胴機は、通常、5 時間以上のフライトに使用されます。

個人の車椅子

お客様ご自身の車椅子をお持ちになる場合、またはその他の移動支援具をご利用いただく場合は、座席を指定する際、またはご予約の完了後にお知らせください。お客様の車椅子または移動支援具を無料でお運びいたします。移動支援具に関する捕捉を以下に説明します。

•             可能な限り、個人の車椅子または移動支援具をご利用いただけるように致しまが、機内のお座席までは、別の車椅子をご利用いただきます。

•             バッテリー可動式の車椅子は、受託手荷物として機内貨物室でお預かりいたします。破損したバッテリーや液漏れしたバッテリーをお預かりすることはできません。

また、バッテリーの種類によってはお取り扱いが異なる場合もありますので、お問い合わせくださいますよう、お願い致します。

•             ご旅行前に、お客様の車椅子/移動支援具およびバッテリータイプについて詳細をお知らせください。十分な情報をご連絡いただくことによって、適切なサポートを提供し、安全性を確保することができます。

米国発着のフライト

•             カタール航空の航空機には、客室内に、1 台の折りたたみ式または「手動」車椅子、または杖、松葉杖、および歩行器などの移動支援具を保管できるスペースを設けています。このスペースのご利用は先着順となります。

•             客室のスペースを利用できない場合は、お客様の車椅子または移動支援具を受託手荷物として機内の貨物室でお預かりいたします。非防漏型バッテリーを装備した車椅子は、米国発着線フライトのみでお預けいただけます。

介助人/付添人

移動に多少の困難があるお客様には、通常、介助人は必要ありません。ただし、特定の状況においては、安全上の理由により、次の状況において 1 人以上の介助人が必要となる場合があります。

•             ストレッチャーまたは保育器をご使用のお客様

•             精神障がいまたは精神的疾患、聴覚または視覚障がいをお持ちの方、または緊急事態において客室乗務員が説明する安全に関するご案内または指示(障がい者向けのコミュニケーション手法による情報を含む)の理解が困難な方

•             お客様ご自身でシートベルトを解除し、座席を立って非常口に移動することが困難なお客様、救命ベストや酸素マスクの装着が困難なお客様

•             補助酸素システム、お食事、または化粧室のご利用において介助が必要なお客様。客室乗務員はこれらについてお手伝いできません。

視覚障がいをお持ちのお客様

搭乗および降機をお手伝いできるように手配いたしますので、できるだけお早めにご連絡ください。 フライト中は、客室乗務員が安全に関するご案内と必要なサポートをご提供いたします。

聴覚障がいをお持ちのお客様

搭乗および降機をお手伝いできるように手配いたしますので、できるだけお早めにご連絡ください。  フライト中は、客室乗務員が安全に関するご案内と必要なサポートをご提供いたします。機内の安全に関するビデオは、英語による字幕付きです。

サービス犬(介助犬・盲導犬)について

カタール航空では、米国発着路線を含む旅程において、サービス犬を客室に無料でお連れいただけます。他のすべての路線では、サービス犬を客席にお連れいただくことはできませんが、貨物室で無料で輸送することができます。全路線で、その他のサービス動物を客室にお連れいただくことはできません。

米国線ご利用の際のサービス犬に関する要件は次のとおりです。

•             カタール航空の予約センターに、ご出発予定時刻の 48 時間前までにご連絡いただき、通常のチェックイン時間より 1 時間早くチェックインをお済ませいただく必要があります。

•             ご予約時、または空港でのチェックイン時に、お連れの犬がサービス犬であり、フライト中にサービス犬のトイレの世話が不要であること、または健康上および衛生上の問題を機内にもたらすことなく、お客様ご自身で犬のトイレの始末ができることを証明するものをご提示いただく必要があります。

•             この目的に使用できる吸収力のあるものをお持込いただく必要があります。サービス犬を十分に運動させ、フライト前の水分の摂取をなるべく控えさせることをお勧めいたします。

•             離陸・着陸時、およびシートベルト着用サインの点灯時にご利用いただける、安全ハーネスをご用意いただくことをお勧めいたします。

•             精神的サポートを提供するサービス犬または精神障がいの治療に使用されるサービス犬をお連れの場合は、上記の要件のほかに、免許を受けた精神保健専門家による証明書を提示する必要があります。証明書は、当該専門家が使用するレターヘッドを使用しており、フライトの出発予定日から 1 年以内に署名されたものである必要があります。

•             サービス犬をお客様の座席にお連れいただけない場合、別の座席をご利用いただける場合は、そちらをご案内いたします。ただし、サービス犬は、通路または非難口付近を妨害したり、隣の座席の方の前の足元を塞ぐような場所にお連れできません。

その他のサポート

カタール航空より提供可能なその他の支援が必要な場合は、その旨ご連絡ください。お問い合わせ先一覧は、こちらよりご確認いただけます。

運送に関する諸条件

その他の詳細については、カタール航空の「運送約款」をご覧ください。

Have more questions? Submit a request
Powered by Zendesk